自社に合うサービスを見極めるポイント

ヘッドフォン

予約受付代行は、自社に予約電話が入ったときに、従業員に代わって予約を受け付けるサービスです。曜日や時間帯を指定することも可能で、電話応対がままならない場合に着信を転送して別対応することで、顧客の取りこぼしをなくすのが主たる目的です。顧客がグローバル化している昨今、問い合わせの電話は休業日や営業時間外にもかかって来る可能性が高まっています。また営業中でもとても電話は取れない時間帯もありますので、でき得る限り予約を逃さないためにはアウトソーシングを検討するのが一番です。選ぶポイントは、自社に合うサービスを選ぶことに尽きます。業種に特化したサービスもありますが、具体的にどこまで代行を依頼するか、なるべく細かく対応をカスタマイズできるサービスがよいでしょう。

営業課題のソリューション

なぜ今予約受付代行が注目を集めているか、それはもちろん導入メリットが多いからです。規模にもよりますが、一般的な店舗で電話応対のためだけに人員を雇用するのは現実的ではありません。ただ、予約電話ならいいですが電話は勧誘や営業も多く、メイン業務の手を止めてまで対応しても単に時間ロスとなるリスクもあります。取りたくても取れない、取っても時間ロスの懸念がある、電話代行の導入はこれらの営業課題のソリューションと言えます。営業中、売上を損ねることなく、予約も取りこぼすことなく、勧誘や営業といった予約以外の電話も振り分けられることは、営業的に最適な選択となるのは言うまでもないでしょう。

人員コストの削減と顧客満足度の向上

電話応対専門の人員を雇用するのは難しいとは言え、電話は顧客とダイレクトにつながる重要な絆でもあります。1本の電話で営業成績が大きく左右されることすらありますので、とてもないがしろにすることはできません。また、時間に追われる中電話を取ると、無意識的にどうしても対応が不十分になるリスクが高まります。せっかく対応しても顧客にあまり良い印象を与えない対応になってしまったら、それこそ大きなマイナスと言えるでしょう。予約受付代行の導入は、自社で人材を確保するコストや教育コストを削減できる大きなメリットがあります。同時に対応するのはプロフェッショナルな専任オペレーターですから、顧客が納得して好印象を得られる電話応対が提供できるのが魅力です。人員コストをかけることなく店舗のイメージアップを果たし、顧客満足度向上による業績アップも期待できるでしょう。世界中から予約が入る時代、電話窓口を固めるのは全方位戦略の要と言えます。

広告募集中